ドイツ ボーフム 鉄道博物館

今回の旅行中のレンタカー 総走行距離数 1,411Km
うち、道を間違えた為のロス距離 多分100Km以上

まずは、デュツセルドルフの町から高速に乗るのに1時間半迷いました
OTTOTTO 慣れない左ハンドルだし、ナビケーターの私は地図と標識のにらめっこ
「あっ、ここ右」 と言っても、時遅く直進  すると・・・  一方通行の多い市内
元の道には戻れません。。。  右折・左折を数回したら・・・・  ここはどこ??

そんなこんなでやっと乗れた高速 デュツセルドルフから約50Km北東
ボーフム=ダールハウゼン鉄道博物館
f0110377_21563832.jpg
廃止されたボーフム=ダールハウゼン機関区に1977年、ドイツ鉄道歴史協会によって設立された。およそ46000平方メートルの敷地を持つドイツの最も大きい私設鉄道博物館
博物館の中心を構成するのは、14両収容の機関庫と、20メートルのターンテーブル、給水塔、工場のほか、給水・給炭設備などもある。また稼動可能な600ミリの作業用軌道が存在している。以前の機関区の設備全ては記念物として保護されているとあります。
f0110377_21572136.jpg
この機関庫の中にたくさんの展示車両がありました
f0110377_21574845.jpg
    車輪とタイヤの両方ですか??
   調べたら、1950年代にドイツ国鉄(DB)で活躍した「NWF BS300」。 
   バスと鉄道の両方の機能を備えた、いわゆる「陸軌型レールバス」
      本当に町を走っていたのですね~
f0110377_2158046.jpg
  グレーの車両は珍しいとか
f0110377_21581366.jpg
f0110377_2211687.jpg
f0110377_221277.jpg
子供たちの歓声が通り過ぎました。  とっても楽しそう!
f0110377_2231722.jpg
f0110377_224328.jpg

[PR]
by dsfszi | 2008-11-05 22:27 | ドイツ2008
<< 鉄道博物館 レンタカー >>