カテゴリ:ベルギー2008( 36 )

360度の景色 2008/10/17

E411からE25 そして、高速を降りN848を走り、Esch-sur-Sure を目指します 
ここは、ベルギーとルクセンブルクとの国境近く  多分まだベルギー(と思う・・)

EU加盟国なので、何の手続きもないままに国境を越えています。
道路標識「N848」が、いつの間にか「N23」になっていて・・・
そういえば、N23は黄色の標識で、「あぁ、ルクセンブルク国内に入ったのね」
と気付く。  その程度。。

見通しの良い景色が左右に広がっていて、写真を写したいよ~!
多分、サイロかと思われる小山を見つけ、よじ登りました。

反時計回りで、360度  ぐるっ~ と回ってみました♪
f0110377_198632.jpg
f0110377_1981371.jpg
f0110377_1981999.jpg
f0110377_1983071.jpg
f0110377_1983870.jpg
f0110377_1984684.jpg
f0110377_1985586.jpg
f0110377_199369.jpg
f0110377_1991384.jpg
人の姿は見えません。。  横須賀に住んでいると・・・
半島なので、山・坂・トンネルの街   こんな景色には出会えません!

でも~  ここの風は冷たく、強かった!!
凍えたので、あわてて車に戻りましたっけ!
[PR]
by dsfszi | 2009-04-26 19:31 | ベルギー2008

ラヴォー・サンタンヌ城 その内部

狩猟博物館になっているだけあって、その玄関ホールには、わぁ~~ く・くび・・首!
f0110377_15334510.jpg
なるべく目を合わさないように、進みます~
f0110377_15335718.jpg
ダイニングルーム  テーブルには、狩りの獲物が並ぶのでしょう
f0110377_15341096.jpg
壁の絵には、当時の狩猟の様子が描かれていて・・・
f0110377_15342134.jpg
リビングにも、狩りの絵  大型犬が、獲物と格闘中のこの絵はかなり生々しいです
f0110377_15343096.jpg
日差しの入ったこの空間に、数百年前流れていただろう音色を想像
f0110377_15344127.jpg
鷹狩も行われたんですね。 目隠しのいろいろな色も飾りも、「貴族的」
f0110377_15372127.jpg
f0110377_15373158.jpg
ぷぷぅ~   たくさんの剥製が陳列されていました・・・  ちょっと息苦しい・・
f0110377_15374517.jpg
周囲には、牧草地が広がっていて、鹿たちがのどかそうに草をはんでいました。
f0110377_154179.jpg
f0110377_15411657.jpg
向こうの森あたりが、馬で狩猟に出かけた方面でしょうか? 
f0110377_15412651.jpg
あまり大きくはない中庭です。
f0110377_1541504.jpg

[PR]
by dsfszi | 2009-04-25 16:10 | ベルギー2008

ラヴォーサンタンヌ城 Château de Lavaux-Sainte-Anne

ブログでは、なかなかベルギーから出国できません。。

2泊したB&B La Mosane を後に、この日はルクセンブルクへと向かいます。
直線距離で150Kmほど。 夕方までに到着すればいいので、うろうろしましょ♪
f0110377_19125228.jpg
Lustin への道 Rue Eugene Faimagne
道路はもちろん、通りにも名前が必ず付いているんです。
日本と住居表示が違うな~ と。 
f0110377_19132371.jpg
高速E441に乗りました。 高速料金無しなのがうれしいです。
f0110377_19134220.jpg
22a出口にすでに、Château de Lavaux-Sainte-Anne の看板があります
f0110377_1914131.jpg
ラヴォー・サンタンヌ城
ディナンの南東25kmにある城です。
13世紀に要塞として建てられたのが最初で、15世紀にほぼ現在の形に改築されました。
19世紀までに城主が頻繁に交代し、一時は廃城となりましたが1958年に「狩猟博物館」
となったそうです。
今まで見てきたお城は、山間の川を見下ろす要所だったのですが、
ここは牧歌的な田園風景の中に建っていて、まったく周囲の雰囲気の違ったお城でした
f0110377_19183656.jpg
お城を水濠がとり囲みます。 青空が最高の背景!
f0110377_19185615.jpg
さっ、中に入ってみましょう
f0110377_19191042.jpg
f0110377_19191727.jpg

[PR]
by dsfszi | 2009-04-24 19:58 | ベルギー2008

Chateau de Poilvache  廃墟の古城

ノワジ城の入口かと思われた門を後に走っていますと、またまた「遺跡の城」マーク発見
畑の続くこの道を左手にそれて、細い道に入ってみました。
f0110377_22514019.jpg
あれれっ一方通行?   この先にかなり広い駐車場
f0110377_22524057.jpg
ちょっと期待して入っていきました。
f0110377_22525082.jpg
あららっ、廃墟です!  アルデンヌ地方にはたくさんの城があるようです。
f0110377_2253663.jpg
でも、古城を維持するのには大変な経費がかかるため、
有名な古城でも少しずつ、大きなレストランや外国資本に買われて、
壊されたり大改修されたりしているそうなんですって。
f0110377_2253174.jpg
la forteresse de poilvache   1199年~1430年とあります。
「つわものどもがゆめのあと」
f0110377_22533564.jpg
7~8月は毎日10:30 ~6:30
4月~6月 9月~10月は週末のみ  入場無料とあり
残念ながら、平日のため入ることは出来ませんでした。
f0110377_22534624.jpg
f0110377_22535772.jpg
ディナンまで5Kmほど  高台で、下方にムーズ川を眺めれました。
f0110377_2254671.jpg

[PR]
by dsfszi | 2009-04-18 23:34 | ベルギー2008

アンヌヴォワ城 Château d'Annevoie  ベルギー

話は戻りますが、ディナンに向かう途中、アンヌヴォワ城に行きました。
宿泊したB&Bからムーズ川の対岸を3Kmでした。  
Château d'Annevoie の標識を見て、右に曲がって、あれれ? 行き過ぎ??
途中の標識は判りやすいのに、肝心な現場の標識は見当たらないのです。。。。
行き過ぎてから、犬の散歩の方に尋ね、やっぱりUターン
道路左手がChâteau d'Annevoie  右手に駐車場でした。

車を停め、降りたらこのミニお馬さんが目に入りました。
f0110377_2223288.jpg
対比がないとわかりずらいのですが、ロバサイズのお馬さんたちです。
f0110377_2224076.jpg
のどかな景色の道路の反対側がアンヌヴォワ城 です。
f0110377_2225113.jpg
ここは、庭園の美しさで有名なお城   そして、公開は庭園のみ
f0110377_223233.jpg
機械の力を使わず、土地の高低差を利用して吹き上げる噴水が見事なんですって!
f0110377_2232512.jpg
でも、あいにくの雨。。  庭園めぐりは覗いただけで、あきらめました。。
f0110377_2242955.jpg
白鳥さんたちの池への行進の後、黒鳥さんたちの行進もありました。。
なんか、この行進姿  優雅な白鳥のイメージ 狂います。。
[PR]
by dsfszi | 2009-04-15 22:30 | ベルギー2008

ベルギー B&B La Mosane

2008 クリスマスも近づいたある日 見慣れないエアーメールが届きました
「どこから??」  封を開けたら、ベルギーこのときに2泊したB&BからのXマスカード♪
もっとも、フランス語なので読めません・・・  たぶんそうです
f0110377_21311328.jpg
何ヶ所か宿泊しましたが、こんなうれしいフォローは初めてです。
f0110377_21312126.jpg
La Mosane
Rue Eugène Falmagne 127 , Lustin

ディナンにほど遠くない場所にと、このB&Bを選びました。
町外れなので、車でないとちょっと不便なロケーション 3室のみです
でも、B&Bを始めてちょうど一年というお部屋は、ちょっと狭いながらとても清潔で
60代と思われるオーナーご夫婦の笑顔もやさしいB&Bでした。
1年間で約100カ国のゲストですって!

そうそう、朝食時ママに尋ねられます 「コーヒー?紅茶?」 次に「ネギ?」 「???」
キッチンより卵を持ってきてくれました。  (あっ、卵だったのね~)
翌朝、パパに尋ねられます 「ァネグ?」  今度は判りました 「An egg」 (苦笑)
昨日は「ネギ?」と聞こえたのですよ  フランス語圏の英語のせいか、私の耳のせいも多大にあり
f0110377_21313217.jpg
B&Bなので、朝食のみです。  パパに近くで、夕食を摂るには?
3Kmほど坂を上った場所に見晴らしのよいレストランがあると教えてもらいました。
念のため、明るいうちに場所の確認
f0110377_21314842.jpg
お勧めの場所だけあって、景色も味に加算のレストラン♪
f0110377_21315823.jpg
お客は私たちの他に1カップルのみ  この夜景 独り占め気分でした
[PR]
by dsfszi | 2009-04-12 22:09 | ベルギー2008

ノワジ城  ベルギー  2008/10/16

ヴェーブ城 の窓から外を見ると・・・
f0110377_20145148.jpg
緑豊かな領地を見渡せます。  そして、秋、黄葉がきれいです。
f0110377_2015298.jpg
すると、向かいの山頂に見えるお城とおぼしき建物
でも、手元のガイドブックには記載がありません。
f0110377_20152137.jpg
「あちらの方がもっと立派じゃない??!」
f0110377_2015302.jpg
気まま旅ですので 「じゃ、行って見ようか ! 」
そこでこちらの丘を下り、方向に見当をつけて、山あいの道を上ります。
f0110377_20162389.jpg
この道はどこにつながるのか、カーナビがないので全くわかりません。
f0110377_20211650.jpg
日本では、山から下ったところが平地ですよね。
ベルギーでは、その思い込みが覆されます。
上りきった場所に広がるこの風景!
f0110377_20225123.jpg
f0110377_20223090.jpg
しばらく適当に走っていたら、木陰の中にさりげなくたたずむ門
「あそこの門じゃない?」 と、カメラを持ってうろうろしていたら
一台の車が訪れました。 思わずシャッター!  パパラッチか? 私は
f0110377_20224147.jpg
待つこと数分 門が開き、車が走り出し、あらっあちらからも車が。
「きっと、個人のお屋敷なんだね」 と勝手に解釈して帰国
f0110377_20225112.jpg
ヴェーブ城のことをブログにUPするためにググっていたら、見つけました。
  ヴェーヴ城を所有する伯爵が現在居住するノワジ城
もちろん公開はされていません。   もしかしたら、あの車のお方は伯爵様?
もっともその前に、あの門の先があのお城かも定かではないのですが・・
f0110377_2023751.jpg
朝の雨がうそのように晴れ渡りました。 う~ン♪ いい気持ち~~
[PR]
by dsfszi | 2009-04-10 20:54 | ベルギー2008

ヴェーヴ城 Chateau de Veves ベルギー

ディナンから南東に8kmほどとあったので向かったヴェーヴ城 Chateau de Veves

途中、あまりに狭い鄙びた道に「本当にこの道でいいの?」 と不安になりつつ進んだら
いきなり、向こうの丘に見えたこの5本の尖塔  おとぎ話の「お城」そのものです♪
f0110377_2264475.jpg
中世からの現在までヴォフォール家が所有するこの城は、
建設当初、地理的戦略上の理由から造営された要塞という
優雅なたたずまいの五角形をしているのは、実は敵を狙うための工夫だとか。
f0110377_2271054.jpg
f0110377_2274047.jpg
決して大きくはない城です。  お部屋もこざっぱりとしています
f0110377_228769.jpg
f0110377_2282045.jpg
「あらっ、このお方は!」   1989年に皇太子殿下がご訪問 
f0110377_2283026.jpg
このお部屋でお食事されたのかしら?
f0110377_22172863.jpg
中庭です。 建造や修復の時期の違いなのでしょうか? 壁の仕様が異なります。
f0110377_22175073.jpg
ほらね♪ 晴れてきました。 駐車場に尖塔の影
左側から来ました、あの細い道がお城への道とは信じがたい・・
f0110377_2218780.jpg
振り返った逆光の一枚   周辺の静けさが伝わりますでしょうか?
f0110377_22193663.jpg
ヴェーヴ城 Chateau de Veves
住所:5 Noisy, 5561 Celles-Houyet
Tel:082 66 63 95 Fax:082 66 60 36
[PR]
by dsfszi | 2009-03-26 22:48 | ベルギー2008

ディナン Dinant 観光  ベルギー

町のあちこちにこのクッキー ディナン名物「クック・ド・ディナン(Couque de Dinant)」」
超堅焼きという。  さしずめ、名物瓦せんべいといったところかしら?
f0110377_22125223.jpg
その歴史は古く近所の町と喧嘩をした際、投げても割れない(どれだけ堅い??)
このクッキーを投げて戦ったんだとか。
割れないのと、話の種にお土産でとちょっと大き目の一枚を購入。
OTTOTTO が職場に持参。 美味しいと評判は良かったらしいが真相は??
f0110377_2213069.jpg
雨に濡れて寒いので、暖かいショコラとエクレアで一休み♪
お店のママのお嬢ちゃん   トコトコやってきて、なにやら示す♪
青いお目目が愛くるしい ♪   お人形さんみたいですね~~
f0110377_2213124.jpg
ミューズ川沿いに出ました。   帰国後に気付きました!! 大失敗を!
「対岸からの、教会とシタデルを眺めなかったよ~~」  それが絵葉書の構図なのに~
f0110377_22134274.jpg
f0110377_22135139.jpg
f0110377_2214494.jpg
通り過ぎてから、その景観にあわてて車を止めて振り返りました。
岸壁から車がギリギリ通れる距離だけ離れて大きな岩が一本屹立している!
f0110377_2214128.jpg
バイヤールの岩と言って、古い昔カール大帝(古い方)の家来の一族が飼っていた、
魔法の馬が蹴った跡とされている。  高さ33m  と調べました。  ネットってすごい!
f0110377_22141924.jpg
センターラインに立ち止まって、カメラを構えた私です。。
[PR]
by dsfszi | 2009-03-24 22:55 | ベルギー2008

ノートルダム教会  ディナン ベルギー

たまねぎ型の屋根のノートルダム教会(Collégiale Notre-dame)の内部です
f0110377_2142248.jpg
1227~1279年創建
緑色の柱が今まで訪れた他の教会と違った雰囲気をかもし出しています。
f0110377_2213850.jpg
ステンドグラスがここも見事
ただ、この祭壇の背面と左側  ステンドグラスになっているのですが、
確か、背後は岸壁のはず・・・
f0110377_21513943.jpg
f0110377_21514930.jpg
晴れていて、もっと光が差し込めば、、、  と欲張りな望み
f0110377_2152112.jpg
f0110377_21521479.jpg
壁一面のステンドグラス
でも、なぜか対面側は素ガラスの窓でした。
f0110377_21522479.jpg

[PR]
by dsfszi | 2009-03-23 22:29 | ベルギー2008