カテゴリ:フランス( 21 )

フランス アルザス アウトレット巡り

リボーヴィレの村を通り過ぎ、右折した道をしばらく行った左側
f0110377_9284873.jpg

ボーヴィレ BEAUVILLE アルザス生地の工場と直営ショップでした。
せっかくなので、小品をゲット
f0110377_929770.jpg

テュルクハイム Turckheim の村には ストーブ Staub のアウトレットがあることを発見
川沿いにあったのですが、入り口がさりげなく、中は広いお店でした。
気づかずに同じ道を行ったり来たり・・・
f0110377_9332069.jpg

娘の結婚祝いにとmavieestbelleさんが、去年フランスより抱えてきてくださったのが、
ブルーのStaub   とっても、重かったですよね。。
f0110377_9292422.jpg

今回は、私がフランスから抱えて帰りました。。   グリーンのかわいいヤツを!!
f0110377_1521844.jpg
ここまでで、アルザスワインとジャムと鍋
  何キロだったのでしょう??

ここで、OTTOTTOより一言
「重かったのはボクでしょ!」

「はぃ! 確かに~」

STAUB
2, rue Saint Gilles
68230 TURCKHEIM
FRANCE
Tél. 03.89.27.77.77
Fax. 03.89.27.78.08
[PR]
by dsfszi | 2007-03-16 09:55 | フランス

フランス航空宇宙博物館(ル・ブルジェ空港)

今回の旅行でOTTOTTOの一番最初の目的地
フランス航空宇宙博物館 パリ郊外にあります。
フランス2日目にRERとバスを乗り継いで、なんとかたどり着きました。
バス停が駅前になく、わからずにちょっと悩みましたが。。
f0110377_22543238.jpg

郊外に行くと、広々とした農地が続くフランス
飛行機が発達したのも理解できます。
だって、いくらでも飛ばせます。  
f0110377_22545077.jpg

空への憧れの
いろいろな
展示物。

そして、まずは
熱気球

飛行船


初期の飛行機から戦闘機 かなりの数の展示数
初めてドーバー海峡を横断した飛行機もあります。
私の好きな飛行機はこのクラシックなタイプ
f0110377_22551787.jpg

そして、コンコルドが2機
第1号機と213機  これは、内部を歩いて見学できます。
狭い客席にビックリ!
f0110377_22553594.jpg

f0110377_22554833.jpg
別の棟に
宇宙館

いろいろ
宇宙船の
展示

そして、
外にロケット
2基
実物大模型
だそうです。

旅客機も
ありました。


OTTOTTO?

カメラを
片手に
走り回って
おりました♪


[PR]
by dsfszi | 2006-12-25 23:31 | フランス

Merry Christmas♪

f0110377_21172597.jpg



本当は、10月末のアルザス ストラスブールの夕景なのだけれど・・・
この写真を見て、なんとなく、その灯りの美しさにクリスマスをイメージ♪

ほのぼのでいい感じですよね。。
[PR]
by dsfszi | 2006-12-19 21:09 | フランス

ヴェルサイユ宮殿の庭園でのサイクリング♪

2002年の写真です。
そう、ここはヴェルサイユ宮殿
f0110377_183633.jpg

内部は、これぞ「豪華絢爛」 圧巻です! 
f0110377_183266.jpg

今日のお勧めはそのお庭。 敷地800ヘクタール
と、聞いてもあまりに広くってピンときません。。
f0110377_1835318.jpg

噴水のところで、前方・後方  歩いている方との比較で広さ解ります?
このはるかかなたの池(?) 
十字の形になっていまして、右手にはトリアノン宮殿があります。
そして、ここでレンタル自転車にてのサイクリング
この写真の池の右の林のところで借りることができます。
f0110377_1841518.jpg

とても気持ちのいい時間でした。  流石にここまでくると誰もいません。
ただ、一周するだけで・・・1時間かかりました。 はい、自転車でです。 
ほんと、広~い!!   かなたが、、霞んでいます。。 
f0110377_1852656.jpg

ここの街路樹、とても高い木なのですが、そう、見事なテッペンまでもの真四角カット!
小さく見えるのが、ペダルをこいでいる私です。  
[PR]
by dsfszi | 2006-12-13 18:31 | フランス

サン・ジェルマン・アン・レの街より ちょっと不思議?

朝、ちょっとお散歩しました。 
この街は凱旋門からRERで20分のとっても落ち着いたかわいい街です。
f0110377_20161528.jpg

なんか違う??   そう、街路樹の伐採の形。 日本で見たこと私はありません。
f0110377_20182058.jpg

そして、この車。  真横にすべるしか方法ないですよね~~
f0110377_2017926.jpg

f0110377_2017275.jpg

でも、この状態の車。 あちらこちらで見るのです。 
フランス人の運転テクニックも確かにすごい!!
[PR]
by dsfszi | 2006-12-08 20:23 | フランス

フランスの鳥 いろいろ

フランスでの写真の中に、鳥たちの写真がありました。
思えば、日本より人馴れしているのでしょうか??
逃げずに、よい被写体になってくれていました。。
まずは、彼ら。  優雅ですね~~
f0110377_19221295.jpg

アルザス ストラスブールでの一こま
f0110377_19223090.jpg

ここは朝のパリ。 モンマルトルの丘を歩いていると・・・
f0110377_19225070.jpg

石畳清掃用のお水を飲んでいる??  いえいえ水浴びでした。
f0110377_1923774.jpg

そしてここ、チェイルリー公園の一角
f0110377_192757100.jpg
f0110377_19281762.jpg

美人さんもお気の毒!!
[PR]
by dsfszi | 2006-12-07 19:46 | フランス

ノルマンディー エトルタの夕陽

このブログを始めるきっかけは、mavieestbelleさんの「あれからどうしたの?」でした。 こんな旅行をしまして、パリに戻り、そして彼女たちとノルマンディーの週末を一緒に過ごさせていただきました。
パリに戻りましたので、そろそろ一区切りとさせていただきます。

長い間ありがとうございました。
今回のフランス旅行の思い出はそろそろ終わりにしたいと思います。

最後は、エトルタの夕陽。 目の前のカップルに、もう少し右、あっ~もう一度 と後ろから怪しい視線を送っていた東洋人は私です。。。
f0110377_0151822.jpg


とっても、楽しい思い出を作らせていただいたmavieestbelleさんに感謝いたします。

これからも、時々UPいたしますので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
[PR]
by dsfszi | 2006-11-26 00:22 | フランス

サンテティエンヌ大聖堂 そして「世界の車窓から」

Mulhouse 旧市街のサンテティエンヌ大聖堂です。 この広場には、移動式のメリーゴーランドもありました。

面白いな。と思った点は、 パリのメリーゴーランドは、お姫様チック シンデレラをモチーフにしたような。 ストラスブールでは、動物たち。 馬やぞう、ラクダまでありました。 ここ、ミュールーズでは、乗り物のメリーゴーランド。 工業都市だからでしょうか??
f0110377_2314392.jpg
f0110377_2314262.jpg
f0110377_23144384.jpg
ひとつの街にいくつもの教会があります。  この教会も素敵でした。


f0110377_2321599.jpg

そして、SNCFの駅から電車でパリに向います。
f0110377_23152543.jpg

豊かな農業国ですね。  北海道に似ています??
f0110377_23154183.jpg

[PR]
by dsfszi | 2006-11-24 23:25 | フランス

名車の数々

1897年 BENZ でも、車の歴史って、100年ちょっとなんですね。。
f0110377_22582746.jpg

f0110377_2257972.jpg

1910年頃の
車もたくさん
ありました。

展示室内中を
トラムが
走っています。

最初は、トラムで
一周してから
歩き始めました。

それくらい
広い!


背景にその時代
の写真がある。

とってもフランス
らしいと
思いません?




f0110377_2258190.jpg

このブログに載せきれないのです。 高級車山盛り!
f0110377_2353942.jpg

レースカーのコーナーでは、壁面がレース場でした。
f0110377_2355441.jpg

[PR]
by dsfszi | 2006-11-23 23:20 | フランス

国立自動車博物館 ミュールーズ  Mulhouse

ワイン街道をまる2日間レンタカーでとウロウロして、3日目の朝、
ミュールーズに着きました。
文字にすると「Mulhouse」 英語読みでは、ミュールーズとは読めません。。。

ここにはOTTOTTOお目当ての、国立鉄道博物館と国立自動車博物館
まずは、SNCF(フランス国鉄)駅へと来たもののここから、どうしよう・・
トラムに乗り込みました。二人で地図を見ながら「あ~じゃない。こう~じゃない」
見かねたおじ様。声を掛けてきてくれました♪ フランス語で・・・

無事に旅行はしてまいりましたが、私のフランス語?
両手で足りますの。。。。
ボンジュール ボンソワール (これくらいわね。。)
アン  ドゥ トロワ  (ほら、ダンスのカウント)
シュルブプレ (Please でしょ。一番多く言いました。ははっ)
メルシー オーボワ   そして、ニコッ!
これだけで、通しました。。。強いぞ、おばさん!
「ボンジュール サン・ジェルマン・アン・レ(地名) ドゥ チケ(切符) シュルブプレ
メルシーボクー オーボワ」  ねっ、切符が買えました♪

ただ、今回はこの手は通じない。。。。  そこは、万国共通語。 
身振り手振りで、、、後は地図を見せてで、解決!
実際、英語のわかる方はとても少ないエリアでしたが、本当に皆さん親切でした。
フランス語・ドイツ語圏内ということです。
f0110377_20572270.jpg

このトラムはとても新しく、快適でした。
f0110377_20582795.jpg

そして、無事に到着!
f0110377_20585564.jpg

入り口のオブジェにビックリ!
f0110377_20591614.jpg

繊維工場を改装した館内に、1878年から現在までの名車コレクション500台がズラリ。
ということでしたが、本当にすごい数でした。 総額いくら?? と考えた私って???

名車のご紹介は、また明日。


MUSEE NATIONAL DE L'AUTOMOBILE DE MULHOUSE
(COLLECTION SCHLUMPF)
[PR]
by dsfszi | 2006-11-22 21:18 | フランス