カテゴリ:ニュージーランド( 22 )

夕焼けに見送られ・・・

真夏日が続きますね。   いゃ~  暑い!!
私のパソコンのある部屋には「扇風機」のみなもので、座る気になれないのです。。

さすがに、そろそろニュージーランドから帰国しましょうか。
f0110377_21305447.jpg

最終日の夕方、ふっと窓を見ると・・・・
鮮やかな色に染められていました!!
f0110377_2131937.jpg

ニュージーランドの印象は、 「色のコントラストの強い国」
[PR]
by dsfszi | 2007-08-14 21:36 | ニュージーランド

ビーチハウスにて

5月初めの旅行でしたので、すでに3ヶ月 その余韻に浸っていますね。

このビーチハウスは・・・
「コーリンのお父さんが35年前に一人で作った家」
「もよりの街まで、車で30分 ここまで行かないと買い物が出来ない」
「電気はあるが、ガス・水道はなく、井戸水と貯めてある雨水をつかう」
「干潮時は車で入れるが、満潮時には道が無くなる」  どんな家を想像しますか?
f0110377_18585977.jpg

ガレージとボート小屋  その中腹に立ててある家に泊まりました。
広いリビング・2ベットルーム 蛇口をひねれば、お湯が出る!
シャーワー・水洗トイレ 冷蔵庫・電子レンジ・電気オーブン・テレビ他すべて完備 
    お湯の謎は、電気温水器 もちろんセントラルヒーティング
私のイメージは、「掘っ立て小屋」だった~~    失礼いたしました!
滞在日数分の食料・飲料(含むアルコール)を持ち込んで自炊
f0110377_1931223.jpg

干潮時   目の前の岩場で、「牡蠣拾い」   食料GET♪
真正面に小さくスカイタワーが望めます。 そう、オークランドです
f0110377_18591314.jpg

満潮時   本当に道は海中へと没しました。。。
f0110377_1933364.jpg

やっぱり きれいな 夕焼け♪
f0110377_1934766.jpg

翌朝 浜辺を散歩 (もちろん干潮時に)    ゆっくり時が流れます。。。。
[PR]
by dsfszi | 2007-08-02 19:21 | ニュージーランド

真相は??

ももちゃんの疑問にお答えして、スカイジャンプの真相
バンジージャンプのように自在に飛んだら、確かにビルにぶつかってしまいますよね。
そこで、2本のワイヤーに導かれています。
だから、ジャンプと言うより、「落下」と言った感じ
正直、バンジージャンプの方が怖そう!!     どちらも絶対にやらないけれど・・・
f0110377_2011677.jpg
f0110377_20111853.jpg

ここ北島では、いわゆる観光はしていません。
テーマは   「 の ん び り ~ ~ 」
f0110377_20114068.jpg

コーリン(友人の義弟)が、オークランドの家とビーチハウスを持っているというので
4泊のうち、前後をオークランド  中2泊をそのビーチハウスで過ごしました。
f0110377_20115491.jpg
f0110377_2012881.jpg

日差しを浴びた休日・・・    3日前にはダウンジャケット着用していたのにです!
f0110377_20242199.jpg

[PR]
by dsfszi | 2007-07-30 20:23 | ニュージーランド

オークランド スカイタワー

オークランドに着いたのは5月5日 旅も残すことわずかとなりました。

オークランドの人口120万人 南島から来た私達は、カルチャーショック!!
道案内無しでは走行できません。。    真正面が高さ328m スカイタワー
f0110377_19421965.jpg

展望台にもちろん上りました♪  わぁ~ 都会だ~~
f0110377_19423763.jpg

一周ぐるりと巡りました。 天気がいいので、遠くまで見通せます。
f0110377_19425524.jpg

と、皆が群がっています!
f0110377_19431460.jpg

そう、バンジージャンプならぬ「スカイジャンプ」と言うそうです。
f0110377_19432953.jpg

一瞬、展望台の位置で止まって、被写体となり、そして・・・
f0110377_19434745.jpg

真下の、赤丸地点に一直線に落ちていきました。。  みんなよく飛ぶな~~ ぞ~
ここでは2階にカジノあり。   初カジノ  やろやろ!!
でも、ルール解らず、$2入れて適当にボタンを押していたら$2当選しました。 あれっ??
[PR]
by dsfszi | 2007-07-22 19:58 | ニュージーランド

いよいよオークランドヘ

クィーンズタウンの空港を後北島オークランドに移動します。
ひろびろとした背景の山々   この空港ののどかさが伝わりますでしょうか?
f0110377_19563032.jpg

夕陽   いつ見ても最高の色合いですね♪  
f0110377_19564789.jpg

そして、久々のお刺身がお出迎えしてくださいました♪
f0110377_19571012.jpg

ここは、友人の妹さんのお宅   ムール貝が美味しい♪
f0110377_19572442.jpg

そして、ビックリ!  クレイフィッシュ(イセエビの仲間とか)
f0110377_19573869.jpg

分かりますか? この巨大さ!! 6人で食べきれませんでした!
[PR]
by dsfszi | 2007-07-21 20:06 | ニュージーランド

クィーンズタウン周辺

フィヨルド方面への観光の拠点となるクィーンズタウン
実は人口たった15,000人と聞き、ビックリ!
もちろん、ドライブの後、たどり着いたときは、とっても大きな街に感じました!
f0110377_1056479.jpg

ワナカ湖からの道     このいろは坂 「100Km/h で走ってもいいょ」 の標識あり!
f0110377_1057134.jpg

山のてっぺんまで、木が生えてない。。  ファームステイで尋ねました。
「誰が木を切ったの??」 「乾燥地帯なのさ!」  
フィヨルドで雨を落とした後の風のみのエリアだそうです。
  ここなら映画撮れるはず! ロケ地巡りのツアーもあります
f0110377_10573023.jpg

向こうの橋が国道 左へワイナリーやバンジー  右がクィーンズタウン
f0110377_1058368.jpg

川を見下ろしていると・・・・
f0110377_10581652.jpg

ジェット・ボートが通過しました。  アクティビティーの盛んな街です。
[PR]
by dsfszi | 2007-07-16 11:12 | ニュージーランド

バンジージャンプ!

f0110377_18382449.jpg

f0110377_1842348.jpg
クィーンズタウンより
車で20分
アロータウン

ニュージーランドでは
走行時間予定のとおり
に目的地に着きます。
信号も渋滞もない♪

ゴールドラッシュに
沸いたかわいい街
現在はその町並みを
再現しています
横を流れる小川
「アロー川」
砂金が採れると聞き
しばし、「金の亡者」と
なりました。

実際に時々金が
見つかるそうで、
その時は街にある
「GOLD SHOP」で
買い取ってくれるそう


もちろん我々にはそんな気配も無く・・・   次に向ったのはバンジー発祥の地

f0110377_18384835.jpg
f0110377_1839036.jpg吸い込まれそうな
川の水の色でした

1ジャンプ $150
と聞き、ビックリ!

友人がOTTOTTOに
仕掛けます
友「ねぇ、半分出すから
  飛ばない?」
 O「報奨金出すなら飛ぶけれど、
  何でお金支払ってまで飛ぶ
  必要ある??」
友「本当は怖いんでしょ」 
  O「平気だよ!」
友「だったら飛びなよ~」 
  O「倍額 出す??」
友「うん。半額」
  O「だったらいやだ~」
友「怖いんでしょ」
  O「怖くない!」
と繰り返しておりました(笑)

f0110377_18392510.jpg

f0110377_18393729.jpg

[PR]
by dsfszi | 2007-07-15 19:08 | ニュージーランド

ダウトフル・サウンド

1770年にキャプテン・クックは外洋から帆船でこの入り江を見つけました。
でも、帆船で入り込むのに不安を感じ、探索を中止。
「ダウトフル・ハーバー」 「疑わしき湾」 と地図に記載したそうな
トランプの「ダウト」  映画の「ミセス・ダウト」  そうか!
確かに、島の点在するこの細長い入り江。 帆船では操船困難だと思います。

ダウトフル・サウンドには、ツアー以外訪問できません。
レイク・マナポウリから船で1時間
f0110377_861041.jpg

ここでツアーバスに乗って、未舗装の道を1時間
途中のウィルモット峠で、パンフレットどうりの景色と出会えました。
f0110377_813420.jpg

ここからは快適な船のクルーズです。
f0110377_874097.jpg

静かな入り江を進みます。
そして、湾の入り口   アザラシの保護区です。
この後に、ほんのチョット  そうほんの少し外洋に出るのですが・・・
突風・波しぶきを浴びて、甲板にいた人々は大慌て!!
タスマン海の荒々しさを ほんのチョビット 体感しました。
f0110377_8121722.jpg

この日は、曇り。 一時雨。
ダウンコートに身を包み、首をすくめていました。 
ただ、船内は快適なのです。 暖かいフリードリンクと朝作ったサンドイッチをぱくぱく♪
f0110377_875372.jpg

曇りもまた最高♪   このグラデーション♪
この写真 モノクロ撮影ではありません。  カラーで モノクロ 
f0110377_8114699.jpg

このダウンフル・サウンドにもオーバーナイトクルーズがあります。
当初、こちらを申込していたのですが、ツアー会社の都合でキャンセル
ミルフォード・サウンドでのオーバーナイトになりました。
[PR]
by dsfszi | 2007-07-02 08:31 | ニュージーランド

Cashley deer farm

ディア・ファームのマスコット犬 「ビーン」     到着時にお出迎え
お茶の後、パパが牧場を車で案内してくださいました。
その後を走ってついてきたビーン 「BEEN GO HOME!」
と言われてしまい、振り返り、振り返り、でもやっぱりついて行きたい!!
そしてまた 「GO HOME!BEEN!」    いゃ~ かわいい♪♪♪
f0110377_17435058.jpg

この牧場では「牛・羊・鹿」を飼育  牧羊犬もビーンの他に2頭  大変な数ですね。。
メス鹿 50頭の 1パドックに オス鹿 1頭    ははっ、うらやましい??
すると・・・・   メス鹿の群れが動いた後に身体の大きなオス鹿 実は高齢のヨタヨタ鹿
「いゃ~  決してうらやましくないょ~」とつぶやいておりました。。 by 友人

料金の安さに「小作人部屋では??」  いえいえとてもかわいいゲストルームでした♪
f0110377_17441461.jpg

ルート94号線 マナポウリへの曲がり角から2軒目 というなんともアバウトな道案内
1軒の大きさが、私の感覚とは桁違い  そうよね。牧場ですものね。。。
f0110377_17443067.jpg

翌日、車で20分 レイク・マナポウリ
f0110377_17445489.jpg

鏡のように景色が反射しておりました!!
[PR]
by dsfszi | 2007-06-20 18:07 | ニュージーランド

ディア・ファーム・ステイ

欲張りな私は旅行のプランを練るときに、いろいろなことを織り込みます。
例えば宿泊  クライスト・チャーチではB&B    Windsor Hotel
100年以上前に建てられたコロニアル様式の古い邸宅
朝食のおいしいとてもフレンドリーなB&Bでした。 
交通の便も良いし、「地球の歩き方」持参で10%off うれしいわよね♪
f0110377_20271479.jpg

テ・アナウでは、ファームステイをしました。 サイトで調べてメールで予約
とても感じのいい対応だったので、楽しみ楽しみ♪  
よく読んだら、あららっ、「ディア・ファーム」  鹿牧場です!
f0110377_2023484.jpg

f0110377_20242847.jpg
f0110377_20244620.jpg

料金 4人 朝食込みで $180  余りの安さに「ひょっとして小作人部屋??」
でも、そんなことは無くて、子供達の巣立ったご夫婦のゲストルームでした。
到着時には、サンルームでお手製のマフィンと紅茶でお出迎え。
f0110377_2025311.jpg

夕食は街のレストランで済ませた後に、ワインをスーパーで買い求め戻りまして、
このお宅の居間でご夫婦とご一緒に言葉の壁を乗り越え(?)おしゃべりいたしました。
f0110377_20251870.jpg

翌朝、キッチンをお借りして、ランチのサンドイッチ作り。  この朝焼けを見ながら!!
[PR]
by dsfszi | 2007-06-17 20:43 | ニュージーランド