人気ブログランキング |

イギリス 予期せぬ「最悪と最高」

2019年7月13日 この日は土曜日 17:30 今夜のホテルに着きました。

翌日の私の言葉 「最低最悪のホテル!!」
チェックインの際に女の子に案内された部屋に荷物を置き、出かけました。
戻った際に夕食の事でフロントに尋ねた際に、別の男性からの質問。
「今夜、下のレストランでロックバンドショーがあるんだ。うるさいけれど、大丈夫?
 部屋をチェンジしようか?」  「ぜひお願いします!!」
でも、、、、
その部屋も、最初の部屋のわずか斜め上の部屋
12時過ぎまで響き渡るドラムの音。 交通量も多い国道沿いのために、車の騒音と合わせ、寝れなかった!!

お向かいのホテルの雰囲気が素敵だったので、これはそちらの写真です。
f0110377_19380003.jpg
日没が21時過ぎなので、まだまだ明るい。

ホテルの場所を地図で確認していたときに、
すぐ近くに湖のような場所を見つけていました。
詳しいことはまったく判りませんが、散歩かたがた行ってみましょう。

最初に辿り着いた場所は、ダムの下部でした。
堤がそびえます。
ここから湖水面へのアプローチは無理

もう少し手前に、一本道がありました。
と戻り、曲がり角を進むと広い駐車場
フィッシャーマンズクラブとあります。  ちょっとお邪魔。

ここが素敵でした。
f0110377_19425562.jpg
f0110377_19443257.jpg
光のカーテンを捉えたくて、シャッターを切ります。  なかなか思うような写真になりません。
f0110377_19455984.jpg

Weir Wood Reservoir (ウィアー・ウッド貯水池)


翌朝、ホテルの前の通りを渡ったところ  Forest row の教会をのぞきます。
f0110377_22484273.jpg

f0110377_22492577.jpg
町のこざっぱりとした教会でした。

# by dsfszi | 2019-08-22 07:46 | イギリス2019

イギリス 4か所目のRailway

次に向かったのは、 Beech Hurst Park Miniature Railway

おおよそ4月から9月の週末 14:00~17:00 まで 運行日は ここ 

f0110377_18243581.jpg
f0110377_18245816.jpg


ビーチハースト
19世紀半ばに建てられた大きなお屋敷の敷地内の公園だったとありました。
その建物は、取り壊されて現在はありません。
とても広い公共の公園です。

車を停めたこの建物は、レストランとティールーム
腹ごしらえをしてから、巡ります。

Beech Hurst Park Miniature Railway  蒸気機関車はこちらです。
1954年設立のこのクラブ たくさんのメンバーがいらっしゃるみたい。
こ親子連れの乗客で、大変人気で、賑わっておりました。
一人£1
「はい」と、この年配の女性に手渡しして、乗車。
蒸気機関車とディーゼルが走っています。
断然、蒸気機関車の方が人気があり!
f0110377_20124399.jpg
f0110377_20135250.jpg
f0110377_19022233.jpg
f0110377_19060326.jpg
「立入禁止」  子供たちも守っていますね。
f0110377_19034580.jpg
私も乗ってみました。
テニスコートや機関車の整備場やらを巡って走ります。
f0110377_19081115.jpg
f0110377_19092673.jpg
線路の仕様を見て、OTTOTTO フムフム!  5インチと3.5インチゲージです。
実は、我が家の庭にもこのサイズのこの仕様で、短いレールを敷設しました。
我が家には、いつ走るのでしょうか?
f0110377_19031754.jpg

なにやら、ゲームで盛り上がっています。
見知らぬゲームなので、椅子に座り、ルール解析。
f0110377_19074128.jpg
チーム戦のようです。
最初に白い球を投げる。
次から、その白い球にどれだけ近いか。
で、得点となるようです。

「ペタンク」かな?
でも、球に当ててはいませんでした。
当たらなかっただけ?
f0110377_19103383.jpg
整備場にたどり着きました。
声を掛けました。
そして、ちょっと強面のこちらのおじ様がクラブハウスと整備工場内をご案内くださいました。

f0110377_19111885.jpg
f0110377_19113934.jpg

最後はお見送りいただいちゃいました🎵
f0110377_19115414.jpg


# by dsfszi | 2019-08-19 20:15 | イギリス2019

イギリス Miniature Railway を巡ります。

今夜の宿泊地は、赤いポイント
ヘイスティングから真っ直ぐに行けば、約2時間ほどとあります。
途中、寄り道をしながら夕方にチェックインの予定。
f0110377_17511347.jpg
この日は土曜日
蒸気機関車のイベントを探し、3か所見つけました。
最初は、ヘイスティング   海岸歩きは興味深いものでした。
そして、次の Bentley Miniature Railway を目指します。


国道からわずか 2km ほど外れて、人家のない木に囲まれた場所にありました。
隣は、キャンプサイトです。
ものすごく混んでいる駐車場の入り口で尋ねられました。
「フェスティバル?」 いえいえ、Railway です。
隣の駐車スペースに案内されました。

7.25 インチのレール幅  1.6 km もの距離を走ります。
そして、すべてのメンバーがボランティアです。
他と比べると、その運航日数・運行時間の長さが素晴らしい。 ここ で確認できます。
夏は、11:00 ~ 17:00 ほぼ毎日です。
それだけ、訪れる人と、ボランティアのクラブメンバーが多いということでしょうか。

本日朝いちばんの訪問者だったようです。  他には誰もいらっしゃいませんでした。  つまり、「貸し切り状態!」 説明員の方が多い。。
f0110377_17541302.jpg
f0110377_09194853.jpg
f0110377_09202457.jpg
f0110377_09204870.jpg
f0110377_09560610.jpg
いろいろご説明いただきました。
「あなたが作ったの?」 「クラブメンバー皆でさ」
作業所や車庫が整備されていました。
f0110377_09563365.jpg
1.6 km 一周を乗ってみました。 £ 2 / 人
長さがあるので、乗りでがあります。
木々のあいだを抜け、キャンプサイトを横切り。 何のイベントなのでしょうか?
たくさんのテントと人々。 何度も手を振りながら走ります。
f0110377_09570179.jpg
帰るとき、新しい訪問者がいました。
蒸気機関車を楽しんでください。  良い週末を♪

# by dsfszi | 2019-08-19 07:19 | イギリス2019

イギリス Hasting (ヘイスティング) 海岸を歩く

ヘースティングのガイドは、こちらにお任せします。

そして、ヘイスティングは「ヘイスティングの戦い」でイギリス歴史上とても有名な地。
日本史ならば、さしずめ「関ヶ原の戦い」



でも、目的が蒸気機関車だった OTTOTTO は、期待外れ。。。
なので、私たちは線路に沿って進んでみました。

f0110377_15463989.jpg
f0110377_15423671.jpg
漁の写真で想像を膨らませます。
f0110377_15413868.jpg
海をのぞきながら歩いていると、コンテナほどの小さな小屋に人だかり。
漁師からの直売のようです。
f0110377_15185122.jpg
カニを並べていたこちらのだんな。
しっかりポーズをとってくださいました。

鍋があったけれど、ゆででもらってテイクアウトできたのかな?
聞いてみればよかったと、後から悔やむ。
f0110377_15191329.jpg
あっ、ケーブルカー
崖の上に行くための公共交通手段のようです。

真っ黒な背の高い建物が並んでいます。 これなんでしょう?
f0110377_15443221.jpg
その間に、教会が見えました。 地図で確認すると、「Hasting Fisherman's Museum」

入場無料なのですが、漁業に関する展示物が盛りだくさんの見ごたえのある博物館でした。
冬の凍てつく寒さ、強風の中荒れ狂う波に揉まれ、人力で必死に船を陸揚げしようと
している映像などもあり、この地の自然の厳しさを伺わせる写真もありました。

そして、この黒い建物が「Net Shops」 と知りました。
昔は天然素材だった漁具  濡れたままだと、腐るので乾かして、保管するための倉庫。
網などを干すためにひっかけたと思われる金具や、2階のドアなども、しまい込むためのものだと思われます。
f0110377_15420949.jpg



この半分のボートも、フィッシュアンドチップスのお店
f0110377_15430194.jpg

f0110377_15452571.jpg
f0110377_15445775.jpg
f0110377_15503242.jpg
ピカピカの船と建物でした。  Life boats
台車の上に載っていて、いざ出陣の際には、一気に海岸まで入り出るのでしょう。
みるからに頼もしい!!

f0110377_15455860.jpg


# by dsfszi | 2019-08-18 08:40 | イギリス2019

イギリス Hastings (ヘイスティングス) B&B

今晩のお宿は、ヘイスティングスの街の手前3km のB&B

宿の決め手は、セブンシスターズとへースティングの中間にあること。
朝食付き、駐車場あり。

チェックインの時に、確認します。「どこに駐車できますか?」
「目の前の道路、空いているところがあれば、どこでもいいよ。」
この道路は「A259」 さしずめ国道です。 バスも走っています。
日本の道路事情とは異なりますね。
f0110377_15133144.jpg
ちょっと、お散歩
国道を渡ったら気持ちの良い公園 (Grosvenoer Gardens)
振り返ると、今まで気づかなったものが見えてくる。
地図では、高低差はわかりませんでした。
崖の上にはウエストヒルロードが走っています。 そちらに鉄道の駅もあります。
f0110377_15131387.jpg
公園を横切ったら、海岸線に駐車場
夏休みなんですね。  大きなキャンピングカーが何台も何台も駐車していました。 
さしずめ、伊豆の保養地のようなイメージの地です。
f0110377_15125116.jpg
そして、この道 Sea-Road  で、海岸線です。
遠くに、先ほどのセブンシスターズを見ることができます。
f0110377_15121658.jpg
翌朝、10:00 から始まる Hasting Miniature Railway が目的なのです。
f0110377_15162608.jpg
で、走ってきたのがこの車両
おやおや、蒸気機関車風の外観なのですが、スチームエンジンでなく、OTTOTTO がっかり。
小型船舶のエンジンを載せてあるのでは?  と申しておりました。
f0110377_15164320.jpg

大きな遊園地もあり、パターゴルフを楽しんでいる人達もいて、きれいな場所でした。
f0110377_15171216.jpg

# by dsfszi | 2019-08-17 18:56 | イギリス2019

イギリス Seven sisters (セブンシスターズ)

中世の街 ライ
すてきな街なのですが、実は駆け足

次なる目的地 セブンシスターズに向かいます。
今回の旅の中、私の一番行きたかった場所なのです。
f0110377_11512028.jpg
今晩の宿泊地 へースティングを通り過ぎて、Birling Gap(バーリング ギャップ)に向かいました。

セブンシスターズは、かなり長い海岸線なので、アクセス方法もいろいろあるようです。
全景を眺めれる場所や、バス停からトレッキングを楽しんで向かう方法やら。

で、私の選んだのは、ここ  ナショナルトラスト管理のバーリング ギャップ
一番歩く距離の短いアクセスだと思います。
f0110377_11551272.jpg
写真にある建物が、ナショナルトラスト管理棟でした。
ちょうど人で隠れているのですが、階段があり、眼下の海岸線に降りることができます。
f0110377_12090047.jpg
駐車場に車を置き、歩いて崖の上に立った途端、目の前に白い壁が広がります。
白いのは、白亜と呼ばれる「チョーク」の原料にもなる岩
柔らかい地質なので、毎年30~40cm 崖が崩れ、後退しているそうです。
f0110377_12020541.jpg
f0110377_12022783.jpg
私の立っているこの場所も、数年後には崩れ落ちているのでしょう。
f0110377_12030656.jpg
そして、崖の上には、海岸線とは思えない景色が広がります。
f0110377_14461628.jpg
灯台の向こうに、牛たちがおりました。
f0110377_14401368.jpg
f0110377_14440987.jpg
崖を下から眺めましょう。
さっきいたのは、あの上です。

日本ならば、絶対に「立入禁止」やら「キケン」の立て看板
ロープや柵を張り巡らしているロケーション
でもここには一切、何もございません。 
では、落下事故は起きないのでしょうか?

もちろんそんなことはなく、毎年数件は起きている模様
「セブンシスターズ 落下事故」で検索すると出てくる。出てくる。。

そう、「自己責任」の問われる国だな。 とあちらこちらで思う。
ある人が尋ねたそうな 「どうして柵を作らないの?」
「そんなことしたら、イギリスのすべてに柵が必要だからさ」
f0110377_14475968.jpg
f0110377_14482912.jpg
ゴロゴロの砂利浜    真っ二つに割ってみたら、カンタベリーの壁と同じ黒光りの石
f0110377_14491417.jpg
夏ですね。 泳いでいる人や、ボート遊びの人
でもね。  海水温、大変冷たかった!!   そう、緯度は北海道

海の対岸は、フランス ノルマンディです。

f0110377_14494553.jpg

# by dsfszi | 2019-08-16 07:35 | イギリス2019

イギリス Rye (ライ)

New Romney から、西へ約20km
中世の港町と有名な Rye ライに行ってみました。
f0110377_15562927.jpg
はるか向こうに見えるのが海
現在、ライの街から実際の海岸線までは、約 5km 近くも距離がある。
中世の頃は、海岸に面していて、港町として栄えていたとは、なかなか想像しにくい。
海岸線が自然の力で後退し、舟が来なくなり、街も衰退していったとか。

そして、中世の建物の街並みが残っていると、観光地として現在人気とか。

道が狭く、どこに駐車してよいものやらと悩んでいるうちに気付けば中心地
Hi Street に入り込んでいました。
道路サイドに縦列駐車に空いている場所発見!
停めてから、道行く人に尋ねます。
「ここに駐車して大丈夫ですか? 駐車券は必要ですか? どこで買えますか?」
3人の方に尋ねましたが、この場所は問題なしのようです。

次に「この街で一番景色の良い場所はどこでしょうか?」

教えられたとおり、少し坂を上ったら「聖メアリー教会」
そして、毎度のお気に入り、高いところからの景色です。

f0110377_15475116.jpg
港町ならぬ川辺の街となりました。 しかも船が通行できるのは、満潮時に限るかな?
f0110377_15503156.jpg
f0110377_15511456.jpg
平日だったのですが、大変に賑わっている中心地です。

あららっ、すごい車のお通りです。。
f0110377_15513558.jpg



# by dsfszi | 2019-08-15 08:30 | イギリス2019

イギリス ロムニー鉄道に乗ってみた

New Romney から 南の終点駅 Dungeness (ダンジェネス) まで乗ってみました。
f0110377_17303472.jpg
赤枠の蒸気機関車です。 8分にて折り返すので、ただ乗っただけ。
f0110377_13452870.jpg
f0110377_14284672.jpg
別荘のような、個人のお庭をかすめているように列車は走ります。
海岸沿いを走るので、海の見える景色を期待していたのですが、海は全く見えず。
で、到着した Dungeness 駅は、なんと360度 石ころゴロゴロの真っ平らな光景
ここに着いても、海は見えません。。

真っ青な青空の下でしたので、荒涼感や寂寞感はなかったのですが、
冬の曇天下だったらと、想像しただけで暗くなりそうな光景です。
「地の果て」との別称にもうなづける。。

f0110377_13582164.jpg
「灯台に上ったら、景色がいいよ」 と勧められたのですが、なにせ折り返しの8分間
ホームと土産物の並んでいる駅舎をウロウロしただけ。

以下の写真は、サイトよりお借りしました。

f0110377_15094114.jpg
向こうに見えるのが、海岸線、海です。
そして、その海岸は砂浜でなく、ゴロゴロの玉砂利
f0110377_14043141.jpg
f0110377_13583527.jpg
そして、原子力発電所があります。  
そして、それ以外は何もない。。 とあちこちに書かれている。 

でも、こんな「地の果て」の景色、今までに見たことがない。
訪れた価値はありました。
f0110377_14042064.jpg






# by dsfszi | 2019-08-14 15:00 | イギリス2019

ロムニー鉄道 (Romney Hythe and Dymchurch Railway)

カンタベリーより、車で南下すること1時間

今回の旅は、OTTOTTO の古希祝いなのでと、彼の好みに合わせ計画をしたので。
蒸気機関車関係・・・12か所
飛行機博物館・・・2か所 + 航空ショー
自動車博物館・・・1か所  (こんなに巡ったのですね~)

まずはの1か所目
ロムニー鉄道Romney Hythe and Dymchurch Railway 略して RH&DR)
f0110377_17303472.jpg
路線距離 23km 7つの駅を1時間15分程で結んでいます。

私たちは、始発駅 New Romney station に向かいました。
始発駅ならば、出発時刻前に蒸気機関車が、準備・待機しているからです。
そして、上りも下りも見ることができます。

カメラを構えている私に気を遣い、一生懸命に柱の陰に隠れようとしてくれた彼。
いえいえ、どうぞ、一緒に写ってほしいのです。
で、ポーズをとってくださいました。
f0110377_17453184.jpg
「本格的な公共輸送を行う、正式営業の実用鉄道」としては、世界一狭い軌間 15インチ(381mm) ゲージ
38.1cm のレール幅 を走る鉄道で有名です。

人が横に立つことで、お判りいただけると思います。 この小ささ!!
f0110377_17525411.jpg
運転手は、頭を出して走ってきます。  大雨の時はどうするのでしょうか?
f0110377_17522062.jpg
どの方も大変に親切です。 この信号室。  
「中に入っていいよ」と説明までしてくださりました。
f0110377_17533759.jpg
そして、反対ホームに入線した機関車
f0110377_17542161.jpg
OTTOTTO 夢中です♪
f0110377_17571799.jpg

ロムニー鉄道で検索をかけると、たくさんの検索結果が出てきます。
そうです。  伊豆 修善寺の「虹の郷」で走っています。  

イギリス Romney Hythe and Dymchurch Railway の協力を得て、造られたとあります。
名前が知れるのは、いいことですよね。





# by dsfszi | 2019-08-07 18:17 | イギリス2019

カンターベリー 聖オーガスティン修道院・聖マーティン教会

聖オーガスティン修道院  世界遺産です。


日差しがかんかんで、汗だくで、これしか写真はありません。。
静かな空間でした。
f0110377_21502538.jpg



聖マーティン教会



イギリスで現在使用されている最古の教会と聞き、行ってみました。
f0110377_21513489.jpg
f0110377_21551944.jpg

f0110377_21510360.jpg


墓石の並ぶ小道を進む、今までとは異なった雰囲気の場所です。

ここでまたまたおっとっと~

教会内部への入場時間 11:00 ~ 15:00  時計を見ると、15:30  残念! (なぜか17:00 と思ってた)
わかっていれば、こちらを先に見学してから聖オーガスティン修道院いったものを。。。

つくづく「下調べの大切さ」を痛感します。


そして、帰り道
カンタベリー大聖堂の近く、たまたま通った道に教会発見
聖トーマス教会 St. Thomas' Catholic Church


f0110377_21523057.jpg
f0110377_21530707.jpg
f0110377_21562225.jpg

世界遺産ではないけれど、ここを見学できて良かった。
あっ~  外観の写真がありませんでした。。


# by dsfszi | 2019-08-05 22:14 | イギリス2019